答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

水の精ニンフの化身 ~ モネの庭から(その287)

2017年05月16日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

 

睡蓮の学名はニンフィア。

水の精ニンフの化身だという。

英雄ヘラクレスに失恋し、ナイル川に身を投げたニンフが睡蓮に変身したというギリシア神話からきている(らしい)。

してみればそれは、ここモネの庭でいえば青い睡蓮に代表される熱帯性睡蓮であることは間違いがないのだろうが、ニンフィアという言葉が持つイメージには白や淡いピンクの温帯性睡蓮こそがもっとも相応しい。それも、どちらかというと小ぶりで可憐なやつが。。。

 



休園日、誰もいない池で睡蓮をながめていたら、あらあら、

柄にも似合わずロ~マンチックになってしまったオヤジなのである ^^;

 

 

 クリックすると大きなサイズで見ることができます。

 ↓↓

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3つの「あ」 | トップ | 『三方良しの公共事業推進カ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。