答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

10年目

2017年06月28日 | ちょっと考えたこと

 

9年前の今日、当ブログを始めた。

「とりあえず5年」つづけるのがメドだったから、これほど長くつづけられるとは夢にも思ってなかった。

ものごころがついてからのこのかた、自分自身を「熱しやすくて冷めやすい」土佐人気質の典型だと思いこんでいたからなおさらだ。

つづけてきてよかった。

「ここへ書く」というのは、すなわち、自分のアタマで考え、考えたことを自分の言葉で出力するということ。その繰り返しから、わたしがどれだけの恩恵をさずかったか。計り知れないものがある。

来し方をふりかえると、「つづけてきてよかった」としか言いようがない。

あとどれだけつづけるか、まったく決めてはいないが、今のところ「やめる」という選択肢はわたしのなかにない。こうなったら、死ぬまでやめないというのも一つの手だ。

とりあえずは、明日また書く。

10年目のスタートだ。

(といいながら、休んだらゴメンね ^^;)

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

『高知県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さな青い睡蓮 | トップ | 遠い星を見据えながら、手足... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ちょっと考えたこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。