答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

『果し合い』を観る、すぐさま読む。

2017年01月22日 | 読む(たまに)観る

録画していた『果し合い』を観る。

藤沢周平原作、杉田成道監督、仲代達矢主演だ。

とはいえわたし、未読の時代劇をTVで観るのが好きではない。

小説を読むとき、演じている役者の顔がちらついてしまうと、想像力が削がれ、本を読む楽しみが半減するからだ。まして藤沢周平作品となるとなおさらだ。

観終わったあと、ふと思い立ち、Amazonで検索する。『時雨のあと』、 『果し合い』を収めている短編集だ。

都合よくKindle版があった。さっそく注文する。

こんなことは初体験だ。Amazonユーザーのわたしですら、この便利さは少々気味が悪い。

とかナントカ思いつつすぐさま読む。

 

時雨のあと (新潮文庫)
藤沢周平
新潮社

 

「お掃除が終ったら、大叔父にお話があります。いいですか」

 と美也が言った。

「なんだね」

「あとで・・・」

 と言って、美也ははたきをつかいはじめた。はたきを使いながら、美也はちらちらと大叔父をみる。

 ー 年をとった。

 と思う。大叔父は、狭い濡れ縁に蹲って、菊をみている。三日ほど前、美也が結ってやった髪が白く、もうほつれが首筋にかぶさっている。菊は大叔父が丹精しているものだった。白と黄の、ただの野菊が一坪ほどの地面に敷きつめたようにびっしり咲いている。花は咲きはじめたばかりだった。

 - 私がいなくなったら、大叔父はどうするだろうか。

 美也は、自分の心の中に塊りつつある決心を確かめながらそう思った。私がいなくなったら、誰が大叔父の面倒をみるだろうか。

 

美しい書き出しに引きずり込まれる。今観たばかりの物語と比べながら読んでしまうのは、さすがに仕方のないところだ。

あらすじは同じだが、構成がまるっきり違う。

そうか・・・ここであのエピソードを出すのか(ここまで出さないのか)・・・

登場人物の描き方も違う。

ん~・・・主役は仲代達矢か?もっと弱々しい役者がよかったんじゃないか?(仲代達也はあいも変わらず達者なのだが)・・・

一気に読み終わった。

 

時雨のあと (新潮文庫)
藤沢周平
新潮社

 

『果し合い』を観たあと、すぐさま『果し合い』を読む。

たまにはこんなのも悪くない。


 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加