答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

トムとジェリー

2016年02月27日 | ちょっと考えたこと

朝イチバンで女房殿が言う。

「夜、ネズミが出始めたわよ」

(たぶん)口を開けて大いびきをかきながら寝ているわたしは、まったく気づいてない。

「野良ネコがおらんようになったきね」

とまたまた女房殿が言う。

それもまた、わたしは気づかなかった。だが、そういえばそうだ。傍若無人に近所を徘徊していた黒ネコを近ごろ見かけなくなった。

「世の中、むずかしいもんやな」

と今度はわたしが言う。

 

あの横着きわまりない野良は、ネコがあまり好きでないわたしにとって迷惑至極な存在には違いないが、少々可愛げがないわけではなかった。なんて考えが頭をよぎる。いつものように、まったくもって身勝手なオヤジだ。


「ネコ、戻ってきてもらうか?」

とわたしが問いかけると、

「ふんっ」

と、どちらかというとネコ派の女房殿が笑った。

 

害虫益虫しかり。見る角度や見るときのこちらの立ち位置を変えれば、違う役割が見えてくる。人もまたしかりだ。 

♪トムトムトムニャーゴ、ジェリージェリージェリーチュウ♪

なんてメロディーが浮かんでは消えつつ、そんなことを思う2月最終土曜日の朝、今年度も残すところあとひと月だ。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加