答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

春の備え ~ モネの庭から(その250)

2015年12月21日 | 北川村モネの庭マルモッタン

ちょこっと寒い日が2~3日つづき、ようやっと冬らしくなってきたかと思えば、一気に20度近くまで上がった今日。

暖冬の予報はいよいよホンマモンか?と今のところは思わざるを得ないが、いやいや冬本番はこれからだ。そう断じるのはまだまだ早い。

そんな今日、モネの庭横の農道の災害復旧工事に着手した。といっても2~3日で終わるちょこっとした現場なので、着手即完成と相成るわけなのだが、大きいのも小さいのも請け負った現場に変わりはない。これから先、年度末に向けて、一つひとつを着実に終わらせていくための采配と段取りが、わたしに課せられた重要なミッションなのはいつものことである。

そんな乱戦模様の匂いがただよい始めた師走のさなか、モネの庭の裏門近くで見つけた風景。

 

 

冬本番も来ぬうちの春の備え。

カラフルな花たちが、殺伐としがちな気持ちをほんわりとさせてくれた。

なんだかとても、気分がよいのである。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加