答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

古い奴ほど新しいものを・・・

2015年12月01日 | オヤジの「ゆる~いCIM」修業

 

 

もじばん。

文字板と書くのか文字版か、はたまた文字盤か。調べてみるが判然としない。

そりゃそうだ。わたしたちが「もじばん」と呼んでいたのはローカルな呼称で、正式名称は製図用テンプレート。

いにしえの必需品なのだが、使わなくなって久しい。

だが、今でも販売しているところをみると需要はあるのだろう。

どんな人たちが使っているのだろうか。

 

CIMだなんだと騒いじゃいるが、じつはわたし、2次元CADを使うようになってから、あれほど好きだった図面描きがなんだかつまらなくなってしまったという人だ。

かつてお気に入りだった「もじばん」をながめながら、詮ないことだと独りごち、しばし、手描きの図面に思いを馳せるその一方で、きのうは日がな一日、「3次元モデルの作成講習会」などという催しに参加してお勉強していた。



古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しい物を欲しがるもんでございます。

(『傷だらけの人生』藤田まさと作詞、吉田正作曲)

(^_-)

 

 


  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加