答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

某月某日某氏から

2015年11月24日 | オヤジのIT修業

ダイレクトメッセージをいただいた。

誰からか、は言わない。

「晒し」の世界に身をおいて8年、なんでもかでもを「晒し」てしまうと思われているわたしだが、「秘すれば花」は承知している(ホンマか?)。

ダイレクトのメッセージには直接返す。常識人としてはそれがあたり前のことだろうが、あえてわたしは、「わたしの土俵」たるこの場で、感謝の気持ちを込めて返信することにした。


某氏いわく、

 

ところで、「二匹のかえる」と「三重と島根の人」の配置は絶妙ですね。

 

「ほほ~、そう来たか」

とほくそ笑むわたし。

基本的には更新するだけでイッパイイッパイの日々なれど、書きたいこと書けばよさげなことなど、いわゆるネタがいくつもあるときは、意思的に、あるいはいくばくかのメッセージをこめて、リリースする順序を決める。某氏が指摘する「配置」は、まさにそのメッセージをこめた順序だった(あいだに『ミケランジェロのダビデ像の話』をはさんでますけどネ)。

青息吐息でやっとこさつづけている吹けば飛ぶよなブログだが、このような読み手を持っていることに感謝したい。

ということで、どれどれと、某氏が「絶妙ですね」と褒めてくれた拙稿を読みなおしてみる。『二匹のカエルの話」から『三重の人、島根の人』までを読み終わると、唐突に脳内に歌声が響き、俄然やる気が湧いてきた。

 

♪積み上げてきたもので勝負しても勝てねえよ

積み上げてきたものと勝負しなきゃ勝てねえよ♪

(竹原ピストル『オールドルーキー』より)

 

辺境の土木屋もうすぐ58歳、いつまでたってもいくつになっても、褒められて伸びるタイプなのである。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加