答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

「口に含んだ瞬間に、思わず”うふっ”と 微笑んでしまうような・・・」”いちごカンパニー”のイチゴ

2015年08月20日 | 食う(もしくは)呑む

 

 

新潟からイチゴが届く。

うわさの”いちごカンパニー”からだ。

梱包を開け、パッケージのフタをとる前から、素敵な香りが部屋中にただよう。

ああ、ダメだ。こういうものを表現する語彙を、この辺境の土木屋オヤジは、残念ながら持ち合わせていない。

 

ということで、ホームページから引く。

 

『うふっ』と幸せになるイチゴ


『大きくて、甘い、美味しいイチゴを一年中いつでも食べたい!!』

そんな想いを実現したくて私達のイチゴ栽培はスタートしました。

『洗わずにそのまま食べられる安心・安全のイチゴ』

これも私達の願いでした。

 

”いちごカンパニー”は、

イチゴを愛する仲間達(カンパニー)と

イチゴ栽培に真面目に取り組んでいます。

 

そして、一年中美味しいイチゴを皆様に楽しんで頂き、

口に含んだ瞬間に、思わず”うふっ”と

微笑んでしまうような・・・そんなイチゴをお届けします。

 

 

 

 

 

苺食う うふっと微笑み 苺食う

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加