答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

フィリップスのセルフヘアカッターQC5580

2015年07月25日 | ちょっと考えたこと

「志しの高さ」がわたしにはあると、そんな褒め言葉をもらった日には、有頂天になってどこまでも鼻が伸びるオジさんだ。

そしてそれは初めて言われることでもないのだが、実際のところ、自分がその言葉にふさわしい人間なのかどうか、自分自身ではピンとこない。

だいいちそんな言葉を真に受けてしまうと、きのうのようなオチャラケブログもおちおち書けやしない。

ということで今日は、近ごろ気になって気になってしかたがない商品について。

今日もアタマネタである。

 

 

『月刊住職』の広告に載っていたフィリップスのセルフヘアカッターQC5580。スキンヘッドもできる、というのが売りである。



フィリップス 電動バリカン シェービングヘッド付セルフヘアカッター 【180度回転ヘッド】QC5580 メンズ グルーミング

PHILIPS(フィリップス)


 

「住職・僧侶の使いやすさを追求した」

 

というコピーとモデルのポーズが秀逸すぎて思わず笑ってしまう。

といっても、『月刊住職』という雑誌をわたしが定期購入しているはずもなく、ネットで偶然見かけたものでしかないのだが、以来、気になってしかたがない。

妻に問いかけてみた。

 

「おい、これスキンヘッドができるらしいぞ!」

「アンタもうスキンヘッドじゃないが?」

 

ああ、だからシロウトは困るのだ。わたしのは1mmカットで通常の電気バリカンではそこまでしかできない。それがこのQC5580を使うと、0mmカット、つまりスキンヘッドにできるという画期的な商品である。

う~・・・無性に買いたい。だが今の電気バリカンは何の支障もなく快適に使える。毛根がなくなってしまったテッペン部分が今より勢力を拡大したら、いっそスキンにしたほうがスッキリとするかもしれないが、今のところ0mmにする必然性は何もない。

 

「住職・僧侶の使いやすさを追求した」

 

頭のなかを、その惹句がかけめぐる今日このごろなのだ。

 

 

フィリップス 電動バリカン シェービングヘッド付セルフヘアカッター 【180度回転ヘッド】QC5580 メンズ グルーミング

PHILIPS(フィリップス)

 

 

月刊住職 2015年6月号―寺院住職実務情報誌

興山舎

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加