答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

マイナーチェンジ

2015年07月04日 | オヤジのIT修業

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします



「1週間ぶりのご無沙汰でした」。って言うと、そりゃまるで玉置宏状態じゃないかいな、とかナントカ思いつつ『現場情報』を更新していたさなか、

「マンネリやなあ」とか「書いてる本人が読んでおもしろくないものに読者がおもしろいと思うはずはないわな」とか、つらつら思うものの有効な解決策が見出せないままつづけていた『現場情報ブログ』の現状打開に、ちょっとしたヒントが見つかった。

書いている本人を前面に出すことで、どっちつかずの曖昧さから脱け出すことができるんじゃないかと、そんなふうに考えたのである。

以下、2014.07.04『土木のしごと~(有)礒部組現場情報』から転載する。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

宮内です。

ちょっと旅に出ておりました。

といっても今という時代のことなれば、

インターネットにつながりさえすれば、

どこにいてもクラウドサービスに入れたファイルで仕事はできますし、

それぞれの現場の様子や問題点なども、

社内SNSを毎日チェックしてさえすれば、

ふだんとそんなに変わらず把握できます。

(おかげでどんなに深酒しようと早起きしなければならないのですが、それは自分が決めた業務ですからネ、当然のことです)

 

ということは、この「現場情報ブログ」も、

どこにいても更新できるわけ、なんですが、

「あっ」と気がつけば「1週間ぶりのご無沙汰でした」の玉置宏状態。

(わかんない人は検索してくださいネ。「ロッテ歌のアルバム」で ^^;)

イカンイカン。。。週末ブログ化してしまわないよう

気を引きしめて更新していきましょう。

 

 

さて今日の現場情報。

北川村小島の国道493号拡幅工事からです。

 

 

 

土留めのコンクリート擁壁をつくるための

床掘りが火曜日に完了しました。

発注者による中間検査をはさんで

きのうは基礎砕石(産業廃棄物のコンクリートを砕いた再生砕石)の敷均し。

今日から型枠組み立てを始めます。



以上、本文より前置きが長い現場情報。

こんなスタイルもあり?

かもしれないと、ちょっとした気づきに

頭をボリボリ掻いてます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

我ながら見事な尻切れトンボはともかく、試みは悪くないのではないだろうか(と自画自賛)。

たとえば、「いい天気やねえ」とか、「よう雨が降るねえ」とか、「暑いねえ」「寒いねえ」というどうでもいいような前ふりが食前酒となって、会話が進むことはよくあることだ。

若いころは、「何をそんなムダなことを」とバカにしていたが、なかなかどうして。ムダなように思える言葉でも、ときとして意味を持つし効果がある。


「世間ばなしふう」っていうのも、案外いけるんじゃない?

 

かもしれないと、ちょっとした気づきに、頭をボリボリ掻いている。



 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加