答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

庭師に勲章 ~ モネの庭から(その235)

2015年05月27日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

8月25日高知新聞より

 フランス政府は5月25日、高知県安芸郡北川村の「モネの庭マルモッタン」の庭園責任者、川上裕さん(53)にフランスの芸術文化勲章「シュヴァリエ」を贈った。フランスの「モネの庭」と交流を続けながら、印象派画家の巨匠、クロード・モネの精神を表現した庭園造りを進める川上さんの業績が高く評価された。 

 勲章はフランスの芸術・文学の発展や文化の普及に貢献した人らに贈られる。シュヴァリエは3等級のうちコマンドゥール、オフィシエに次ぐ勲章。日本では映画監督の北野武氏らに授与されたほか、高知県関係では2010年に当時、高知新聞社社長だった藤戸謙吾氏(故人)が受章している。


あらためて、すごいことだと実感。

トレビア~ン!

そして、おめでとうございます!

なのであるよ (^^)v

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加