答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

Word2010で(突如)文字入力ができなくなったこと

2015年05月12日 | PCのトラブル(とか)

土木技術者というやつはExcelが書類作成の主武器だ(と思う)。

なかには相当な達人がけっこういることは、実際見てもいるし聞いてもいる。

それに反して、Wordはほとんど使われていない(ようだ、たぶん)。少なくとも県内では間違いなくそうだ。

しかしなかには、「Wordで」と指定される文書があって(少ないが)、そういう場合は当然のこと、しかたなく使わなければならない。

だが、ただ文章を打ち込むだけならなんということはないのだが、それ以上のことをしようとなるとこれがまた、なかなかに使いずらい。単に慣れてないというだけなのだろうが、(私にとって)難儀な代物なのである。


きのうもきのうとて、そんな得手ではないWordで文書を作成中、突如、文字入力ができなくなってしまった。

スペースは入力できる。キーボードのせいではない(たぶん)。

打ち込もうとする場所をアクティブにはできる。マウスは悪くない(たぶん)。

別のWordファイルに換えて試してみる。

同じだ。入力できない。

もしや、と思い、Excelファイルを開き文字を入力してみる。問題ない。

いろいろ検索してみたが、どうも要領を得ない。このままでは業務が進まない。別のことをやるか。なんて弱気の虫が頭をもたげる。


ふと、(私の)PC草創期が頭をよぎった。あのころは、どんな困難にも立ち向かう好奇心と向上心があったではないか(近ごろ少しヘタレすぎはしまいか、オッサン?)。

ブルルッとかぶりを振り、さらに検索をつづけてみると、「Google日本語入力」とワードの相性の悪さについて言及しているページがあった。

すなわち、MS-IME(マイクロソフトの日本語入力システム)でないと、不具合が起こる可能性があると、こういうことらしい。


ご存知のように私はMS-IMEが大きらいな人であり、その馬鹿さかげんにあきれて2009年からGoogleに乗り換えた人間だ。

その間、今では相当に悪名が高くなってしまったBaidu-IMEに乗り換える、なんて浮気をしたこともあるが、基本はずっとGoogleにお世話になっている。

これまでは、マイクロソフトとグーグルを併存させておいて、「既定の言語」を「Google日本語入力」に設定して使ってきた。



だが、先月、Cドライブの再セットアップを敢行したあと、この「既定の言語」の設定を忘れてしまい、変えても変えても再起動するたびに「MS・・・」に戻ってしまうのが頭にきて、MS-IMEをアンインストールしたのである。


もしかして・・・

とOfficeのインストールディスクを取り出して、MS-IMEをインストールし直し、PCを再起動。

入力ができなくなっていたくだんのWordファイルを開き、IMEがマイクロソフトのものになっているのを確認し、意味のない文字を入力してみる。



”っっっっっっっp”

(ほらネ~、やっぱり (^^)v)

試しにGoogle日本語入力に切り替えて、また意味のない文字を入力。



”おおおおおおお”

あら、入力できるではないか。

してみると・・・

はたして私のとった対応が良かったのかどうなのか。よくわからない、ということになる。

が、まあイイ。よくわからないことはしょっちゅうだ。

とりあえずは一件落着。

今日もまた、Wordに遊んでもらおうかと思う朝。

台風接近というのにこのオヤジ、悠長なもんである (-_-;)



 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加