答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

田中裕子

2015年05月09日 | ちょっと考えたこと

3年ほど前、社内年度反省会のあとの、二次会たる呑み会で、

何を考えたか私は、好みの芸能人を一人ひとりにたずねたことがある。

各自が好みをのべているさなか、

「そういうオマエは誰なんだ」と自分に問うと、

浮かんだのは田中裕子。

大好きな女優さんに違いはないが、

「へ~、(ここで出るのが)田中裕子なんだ」と、少し感心してしまったことを覚えている。

そんな裕子さんがじつにイイ味を出しまくって絶賛放映中の朝の連続テレビ小説『まれ』。

ほとんど田中泯と田中裕子のW田中が演じる桶作夫婦を見るためだけに、決められた時間、毎日テレビの前にすわる私なのである。

 

 

「言いわけせなダメなときもあるがいえ、人生には」

 

きのうもきのうとて、田中裕子扮する桶作文さんが言うそんなセリフに、

思わずグッときて胸がつまってしまった。

 

「言いわけ」をしないのは、一見すると潔い。

でき得れば、私とてそうしたい。

だが、恥の上塗りになろうと、ダメダメビームを受けようと、

あえて「言いわけ」をしなければ伝わらないことが、世のなかにはある。

たとえ伝わらなくても、「言いわけ」をすることでしか気持ちを伝えるすべがないことが、世のなかにはある。

とかナントカ思いつつ、

う~、思わず泣けてくるオジさんなのだよ。

 

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加