答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

萌え

2015年05月08日 | 北川村


春はかすみ。

日中はまごうことなき初夏なのだが、

寒暖の差が大きい山あいの朝は、清々しい春。

匂いようなその風景に、思わず「萌え~」となる私。

そういえば・・・と、ちょっと前に見た風景を思い出す。


県道安田東洋線にかかる橋2つ。

 

 

堀ケ生橋。

1941(昭和16)年建造。

鉄筋コンクリート造単アーチ橋。

橋長46.9メートル。

 

 

二股橋。

1940(昭和15)年建造。

無筋コンクリート造二連アーチ橋。

(ナント、無筋ですよ、ムキン!)

橋長46.5メートル。

 

萌える緑とコンクリートの橋。

思わず車を停めて、

新緑に萌え古橋に萌え、

見とれてしまった私だった。


 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加