答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

はじめての・・・

2015年04月16日 | 土木の仕事

 

一昨日に引きつづき維持管理技術研修会。

今日はトンネル部門だ。

「のり面・擁壁」といえば勝手知ったるナントヤラだが、さすがにトンネルとなるとそうはいかない。

説明してもらっていることは理解できるのだから、ズブの素人とまではいかないが、専門外であることは間違いない。

今日の講義の締めくくり。

 

 

我々には、先人が苦労して構築した土木構造物を適切に維持管理して、後世に繋げていく責務があります。

 

恥ずかしながら、そんなことは、あまり考えてこなかった私。

「な~るほどそりゃそ~だ」と大きくうなずく。

 

ところで・・・

 

 

 

午後からのトンネル点検実習。

初体験のトンネル内の高所作業車。

いや~たのしかった。


ナンダカンダとエラそうなことを言いながら、結局そっちなのである。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします 

 

           

             有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

       

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う

コメント
この記事をはてなブックマークに追加