答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

山に登って考える

2015年04月06日 | 土木の仕事

 

県発注の災害復旧工事に応札するかどうかを検討中。

積算につづいて、予算作成のため現場を歩く。

イヤイヤ、「歩く」というような生易しいものではない。

登る、である。

年度初めの今、北川村でも奈半利町でも、昨夏の台風11号災害からの復旧工事がアチラコチラで行われている最中で、

当社の受け持つ工事も、そのほとんどが災害復旧工事なのだが、

量的にはまだまだ序の口、端緒についたばかりである。

 

「やりたいのか」

「やらなければならないのか」

一つひとつの工事によって入札に臨む姿勢は違ってくる。

思案することも色々さまざまだ。

だが、考えることはおもしろい。

特に、現場で考えるのはおもしろい。

楽しくはないけれどおもしろい。

こういうときは基本的に、ひとりのほうが私はいい。

高いところは特にいい。

俯瞰する感じが好きなのだ。

 

けっしてバカだからではない(たぶん)。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加