答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

すみずみ

2015年02月21日 | 土木の仕事

 

北川村二タ又で施工している治山工事。

工事にとりかかる前に

取り合わせの部分はどんな感じ?

と作ってみた附帯工の3D。

(あ、ちなみに私は頼んだだけ。つくったのは我が社のナンバーワン・スケッチアップ・オペレーターのモッチャン)

実際の出来あがりは・・・

 

 

そういえば、

先代社長がよく言っていた。

 

「工事の良し悪しを決めるのは隅々(すみずみ)ぞ」

 

ふつうはメインにばかり意識がいきがちで、

「すみずみ」はついつい疎かになりがちだと、

だから逆に「すみずみ」をどうするかで差がつくのだと、

そんなふうに言っていたように覚えている。

 

今回の「すみずみ」。

まあまあじゃないかと、

自画自賛で恐縮ではあるが、

そう思っているのだが、

さて。。。 (^-^;

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加