答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

UAVでモネの庭を空撮してみた(借りもんですが)。

2015年02月19日 | オヤジの「ゆる~いCIM」修業

 

 

UAVを借りてきた。

機種はウワサのphantom2。

”vision+”というヴァージョンである。

とりあえず練習、

ということで、思い浮かんだのがモネの庭。

私たちの仕事で「空撮」というと、

とりあえず浮かぶのは完成写真だが、

こうやって鳥瞰した画像を実際に見てみると、

いろいろなことがやれそうだ。

 

夢中で操縦する若い衆の声を聴きながら空をながめ、

あれはできるかコレはできないか、

使い途に頭をめぐらすオジさんなのである。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加