答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

睡蓮を植える人 ~ モネの庭から(その226)

2015年02月10日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

「いや~こりゃまた傑作が撮れたぜよ!」

と大仰に言う私に、

「いいですねえ、うらやましい」

とヒゲさん。

 

「どこが?」

「いやほら、そうやって自分をホメることができるでしょ。私なんかそんなことひとつもない」

 

褒められたのやら貶されたのやら

どちらかよくわからないのだが、

そいつはどうでもいい。

たしかに私はそういう人である。

 

だが、そうとは答えずスルーして、

「タイトルは睡蓮を植える人やね。いやじつに傑作ケッサク」

と笑い飛ばす。

 

帰って画像を見てみると

たいしたことがなかったのはご愛嬌、

なのであるが ^^;

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加