答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

シルエット ~ モネの庭から(その222)

2015年01月31日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

 

 

夕暮れまぎわの曇天をふと見上げたら、

素敵なシルエットがあった。

ただそれだけのことで撮れた写真なのに、

いやいやそこに気づくか気づかないかが大きなポイントと、

自分で自分をほめる。

まったくもって食えないオヤジなのである。

 

みごとに剪定されたアラカシの葉っぱのなかに1羽。

たぶんヒヨドリだろうとおぼしき

小鳥がいるのだが、

その鳥が羽ばたくところがシャッターチャンスと

しばし待ってみたが思うようにならない。

 

所詮、素人カメラマン。

色気が出てしまうとそんなもんである。

ふと気づいた何げない風景を

ちょっとばかりの絵心で切り撮ってみる。

それぐらいの心持ちでいるほうが、

いい写真になる。

 

私の場合、

それでいいのだ。

(たぶん)

 

 

  

  ↑↑ (有)礒部組現場情報ブログ


   

   発注者(行政)と受注者(企業)が

チームワークで住民のために工事を行う

(有)礒部組は三方良しの公共事業を実践中!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加