答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

『進撃の巨人』を読む

2015年01月27日 | 読む(たまに)観る

『進撃の巨人』(諫山創、講談社)、1巻から5巻までを

タブレット(Kindle版)で読む。

電子書籍でマンガを読むのは初めての体験である。

そりゃそうだ。いわゆるマンガとかコミックとかいうものを読まなくなって久しいかつてのマンガ少年である。

ではなぜ今、よりによって『進撃の巨人』なのか。

藤井聡さんが絶賛しているのを聴いて、

いつか読んでみるべしだなと、ずっと引っかかっていたからである。


「進撃の巨人」がなぜ面白いのか安倍内閣官房参与に任命された藤井聡が語る!


試しに1巻だけでも・・・と読み始めたら止まらなくなり、

巻を読了するその度にポチッと購入。

気がつけば、5巻までを一気に読んでいたと、

そんな次第だが、

とりあえずはこのへんでいったん休止。

なんというか、絵も内容も非常に疲れるので、

(だから読後感もよくない、だがおもしろい)

(読む)気力が充実しているときに

また再開してみようと思っている。

 

ちなみに・・・

 

 

nikumaruさんのサイトからいただいた

『進入は禁止』というタイトルの安全啓発ポスター。

よくわかってないまま現場で使っていたのだが、

やっとその元ネタがわかり、

よ~く納得したオジさんなのでした。



進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)

 

進撃の巨人(2) (講談社コミックス)

 

進撃の巨人(3) (講談社コミックス)

 

進撃の巨人(4) (講談社コミックス)

 

進撃の巨人(5) (講談社コミックス)



  

  ↑↑ (有)礒部組現場情報ブログ


   

   発注者(行政)と受注者(企業)が

チームワークで住民のために工事を行う

(有)礒部組は三方良しの公共事業を実践中!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加