答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

ちょっとピンぼけ ~ 北川村のお弓祭り(その35)

2015年01月05日 | 北川村のお弓祭り

 

お弓祭りの稽古中、

何が辛いといったってこれに勝るものはない。

朝の禊(みそぎ)である。

 

「今朝は(寒さが)ましやろ?」

と訊ねる私はしかし、

今回、無責任きわまりない傍観者であって、

川に入る当事者にとっては、

たとえ気温が4度5度高かろうと、

水行の辛さに変わりはない。

だいいちそれは、過去4度の弓引きを体験した私が身をもって知っていることなのだが、

喉元すぎればナントカで、

「根性ないなあオマエ、そんなちょっとしかできんのかよ」

などと言うに及んでは、

まったくもってふざけた親父である。

 

しかし、どうだろうか。

「ちょっとピンぼけ」ではあるが、

被写体の気合が伝わるワンショット。

独りご満悦の私なのである。

 

 

  

  ↑↑ (有)礒部組現場情報ブログ


   

   発注者(行政)と受注者(企業)が

チームワークで住民のために工事を行う

(有)礒部組は三方良しの公共事業を実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加