答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

北川村のお弓祭り(その31) ~ 初陣

2015年01月01日 | 北川村のお弓祭り

 

初陣、

とはいいつつも、

誰しも初めてのときは初陣なのであって、

ことさらムコ殿だけが初陣なのではないのだが、

たとえば、過去当ブログで紹介した何人かの地元の少年たちのように、

この地で育ち、「いつかは自分も弓を引く」という想いを胸に、

小さなときからこの行事を見聞きしているものと、

さまざまな事情をそれぞれにもち、

降ってわいたような「弓引き」を引き受けるものとでは、

受け継がれてきた型や一つひとつの所作の

身体への入りようというものが違ってあたりまえなのである。

ましてやそれが年端もいかない少年ならいざ知らず、

ある程度の年齢になってなお、

自らそれを決意するというその心持ちをこそ私は尊重したいし、

だからして、いやだからこそ私は、敬意を込めて「初陣」と呼ぶ。

がんばってほしい。

同じような立場で、他地区で今回弓を引いてくれる何人かの人たちにも、

感謝しつつそう思うのである。

 

 

  

  ↑↑ (有)礒部組現場情報ブログ


   

   発注者(行政)と受注者(企業)が

チームワークで住民のために工事を行う

(有)礒部組は三方良しの公共事業を実践中!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加