答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

さゆる

2014年12月18日 | ちょっと考えたこと

北の大地を襲った爆弾低気圧の余波は、

この遠く南国高知へも及び、

きのうは、寒風吹きすさぶ一日だった。

夜半、風がやんだかな、

と感じて家の外へ出てみると真正面にオリオン。

今シーズン初めて見るオリオンである。

 

♪ 木枯らしとだえてさゆる空より

 オリオン舞い立ちスバルはさざめく

  無窮をゆびさす北斗の針と ♪

 

と、思わずひ口をついて出た『冬の星座』はしかし、

1番と2番がごちゃまぜ。

なにせ、

オリオンとスバルと北斗

しか星座がわからない私なのである。


そこで一句、

ほろ酔いに オリオンの帯 さゆる空 (ひの)


 

文部省唱歌 冬の星座

 

さゆる(冴ゆる)

凛とした寒さが際立つ感じ、寒さが一層増す感じ、などを表す語。冬の季語。

(Weblio辞書『実用日本語表現辞典』より)

 

 

  

  ↑↑ (有)礒部組現場情報ブログ


   

   発注者(行政)と受注者(企業)が

チームワークで住民のために工事を行う

(有)礒部組は三方良しの公共事業を実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加