答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

師弟

2014年11月28日 | 土木の仕事

 

この男、私の一番弟子。

師匠が不肖なら弟子も不肖。

紆余曲折いろいろさまざまあった20ウン年だったが、

高知県知事賞初受賞。

なにはともあれ、めでたい。

 

そんな高知県優良建設工事施工者表彰会。

来賓挨拶を聴いていた私の耳に飛び込んできた言葉に驚く。

「私はお客さんに媚びないよ、だって私は技術を売ってるんだもの」

技士会講習で某講師がしゃべった言葉なのだという。

驚いたのもそのはず、

それを口にした当の本人がここにいる。

何を隠そう、某講師とは私のことなのだ。

このブログの古い読者さんならご承知のように、

くだんの言葉は私オリジナルではなく、

我が女房殿の師匠、

仙台市大町まえだ美容室のオーナーの口ぐせであり、

いつもいつでもそうことわって紹介もしているが、

私のプレゼンにおいての決め言葉のひとつには違いない。 

そんな言葉が、あのような場で、、、

ある異業種のマイスターのモットーとして、

私たちが見習うべき姿勢として、

紹介されたということに驚くとともに感謝、そして感激。

そんなこんなで、喜び倍増。

うれしく、

また、

このうえなくありがたい一日だったのである。



  

  ↑↑ (有)礒部組現場情報ブログ


   

   発注者(行政)と受注者(企業)が

チームワークで住民のために工事を行う

(有)礒部組は三方良しの公共事業を実践中!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加