答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

レスポンス

2014年11月11日 | ちょっと考えたこと

いつごろからか思い出せないが、

少しでも早いレスポンスをしようと心がけてきた。

性分ゆえ、なのだろうか。

たぶん、いやきっとそうなのだろう。

言いよどむというのが嫌なのである。

もちろん、「心がけてきた」というからには早く返すことができない過去があったからである。

当然それは、技術力のなさや経験の少なさや、未熟さや自信のなさや、

その他もろもろがないまぜになって「返せない」ということに表れていただけのことで、

だからこそ、少しでも早いレスポンスをしようと心がけてきた。

まがりなりにも「あたしゃ土木のプロですよ」ぐらいの自負は持っている今、

もちろん即答できないということはあるにせよ、

たいていのことにはそこそこは対応できるようになったと思っている。

だがそうなると困ったもので、どうでもこうでもすぐ言葉を返してしてしまうということがままあり、

あとになり、あゝもうちょっと熟慮してから返答してもよかったのになと、反省しきりなのである。

私に対する他人が、私のレスポンスに何を求めているのか。

それによって回答のギアチェンジがなければいけないはずである。

いい年をこいたオヤジなのだから、それなりに変化していかなければ値打ちがない。


ああ、夕べ、女房殿が買ってきたタニタの体組成計に乗ってみて、

体内年齢が41歳と出たからといって喜んでいる場合ではない。


そんなふうに思う今日このごろ。

 

 

TANITA 【乗った人をピタリと当てる「乗るピタ機能」搭載】 体組成計 ホワイト BC-756-WH

 

 

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加