答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

大団円

2014年11月10日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

 

今朝、出社するとこんなものが机の上に。

高知県知事賞ゲットである。

細かい話しを書き出すと自慢話になりそうなので、

(これを書くこと自体が自慢には違いないが)

(と思ってバックナンバーを調べてみると、思いっきり自慢をしていた ^^;)

 

→2014.02.02 『偶然の所産を前に考えた』

http://blog.goo.ne.jp/isobegumi/e/e1624776eb6f4201d54a377882aa4a60

 

大ざっぱに言ってしまうと、

いろんな偶然や僥倖が重なり受注につながった工事を、

「必然」に昇華すべくささやかな努力をした現場である。

とりあえず物語はこれで、いちおうの完結を迎えた。

大団円である。

発注者監督職員さん、協力会社の皆さん、地権者や地元住民の皆さん、

その他、関係してくれたたくさんのかたがたに感謝。

どうもありがとうございました。

 

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加