答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

びー・じぇんとる

2014年09月27日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

きのう、タイトなスケジュールでの資材納入をお願いした業者さんが、

私を前にして独りごとのようにつぶやいた言葉、

「吐きそう」。

 

日付が変わって今朝、

つきつけられたもろもろの現実を前にして、

私の脳裏をよぎった言葉、

「吐きそう」。

(昨夜の宴の残滓ではないよ、念のため)

 

因果はめぐる糸車。

人には優しく我には厳しく。

男はハードでなければ生きていけない。

ジェントルでなければ生きていくに値しない。

いふ・あい・くどぅんと・えばあ・びー・じぇんとる、

あい・うどぅんと・でぃざあぶ・つー・びー・あらいぶ

byフィリップ・マーロウなのだよ。



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加