答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

まわるまわるよ

2014年09月18日 | ちょっと考えたこと

あちらこちらにアンテナを張り巡らしていると、

(いやそう言ってしまえば聞こえが良すぎるな)

もとい、あちらこちらに首をつっこんでいると、

思わぬ時に思わぬところから球が飛んできたりすることがある。

それは、素晴らしい贈与であったりもするが、局地的に見ればどうみても厄介事にしか見えないことだったりもする。

だが、それを「余計なもの」ととらえてしまうと、つながりを自ら閉ざしてしまうということになりかねない。

だから私は、なるだけならそうとらえたくないし、少々の無理をしても飛んできた球は返したい。

そういう心持ちで渡る世間を生きていると、あ~ら不思議、良い循環がぐるぐると回り始めるのだ(たぶん)。

かくして今日も楽しい一日であった。

と、そう思いこむことにする (^^ゞ

 

 まわるまわるよ時代はまわる

喜び悲しみくりかえし 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加