答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

おもろうてやがてかなしき

2014年09月16日 | 食う(もしくは)呑む

「二日酔いを我慢して仕事をした回数で男の値打ちは決まるのだ」

 

かつての私はこんなことを本気でうそぶいていたもんだが、

今の私は、なるだけ二日酔いをするほどは呑まずにおこうと、これもまた本気で思っている。

二日酔いで迎えた朝の辛さと生産性の上がらなさに、辟易をしつつそう思う。

齢56にしてやっと気づいたかと嘲笑われれば、

ボリボリとボウズ頭を掻くしかないが、実際にそうなのだから仕方がない。

とかなんとかいいつつ迎える二日酔いの朝。

原因となったきのうは、地区の「山の神」様に遷座してもらうという大切な儀式があった。

いけないのはそのあとの直会で、

80を超えた大先輩に、いつものように「まあやれ!」と注がれれば断るわけにもいかず、

しかも当のご本人が私よりピッチが早いとくればナニヲカイワンヤで、

例によって冷やを酌み交わした果てに、すっかり出来上がってしまった私は、

辺りがまだまだ明るかったのをいいことに、止せばいいのに別の先輩宅に上がり込んで、またまた杯を酌み交わし、

目覚めてみればお決まりの二日酔い。

おもろうてやがてかなしき二日酔い、である。

 

だが、ピロリ菌を退治した効果なのか、近ごろは意外と回復が早い。

よし、今日も・・・・・・・・

まこと懲りない男なのだよ。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加