答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

地域のための工事目的シート

2014年09月11日 | 三方良しの公共事業

これだけは欠かせないという私の思いとは別に、他の皆さんはそれほどに重要性を感じていないようなODSC。

(あ、我が社の場合ですよ、他はわからない)

このブログを読んでくれている人なら何度も目にしたことがあるだろうが、念のため説明すると、

 O=目的(Objectives)

 D=成果物(Deliverables)

 SC=成功基準(Success Criteria)

の頭文字をとってODSC。

このうち、欠かせないのがO。

DとSCはともかくとして、O、すなわち「工事の目的」は私(たち)にとっての生命線だとさえ思っているのだ。

ところがこのODSC、なんだかわかりにくい、というか少し要領を得ないような気もしないではない。

という気分を心に持ちつつずっと実践をしてきた。

どうやらそんな人間は私だけではなかったようで、

新潟県の活動では、「地域のための工事目標シート」というものを試行していこうとしているらしい。

そんななか、北海道の建設会社がさっそくつくってみたらしいというニュースが届く。

一二三北路(ひふみきたみち)株式会社さん。

 

 

できたてホヤホヤのWebサイトをのぞいてみると、

http://www.hifukita.co.jp/index.html

「工事情報」というカテゴリーの新着に、それはあった。

 

 

「ほ~、やるやないかい」

と思わず画面に食いつく私。

「地域のための工事目的シート」

さっそく参考にさせてもらおうと思うのだ。

 

ちなみに同じホームページの「ドボジョ日記」というカテゴリーをクリックすると、

笑顔と涙の”つちのこ”奮闘日記』というブログにジャンプ。

http://ameblo.jp/isaa-do/

「土木の女の子」という意味を込めて「つちのこ」なんだそうだ。

ぼちぼちと、がんばっていただきたい。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加