答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

続々・継続

2014年09月06日 | CCPM

 

今日も「たのしい工程会」はつづく。

当初工程の仕上げは、私を含めたきのうまでの3名にBossを加えてケンケンガクガク。

短時間だが嵐のようなディスカッション&マネジメントリクエストが終わったあと、

ひとり沈思黙考中。

「礒部組のCCPMは皆んなで考える」とは云いつつも、

もちろんこんな時間も、

いやこんな時間が大切なのである。

さて、Plan(先読み)が終われば次はDo。

やる!である。

おあとは動きながら修正して、

またやる!

有り体に白状すると、「たのしい」などとカラ元気を出してはいるが、

そのじつモヤモヤとプレッシャーは募るばかり。

このジレンマを解決する手段は、

やる!

策は練った。

あとはやるしかないのである。

(^_-)-☆

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加