答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

Starting Over 三陸

2014年08月30日 | ちょっと考えたこと

 

「日本の社会問題を10年先取りしている」といわれる三陸。

その取組は、日本の新しい社会モデルになっていきます。

変化の起こる場所には、たくさんのチャンスが溢れている。

新しい発想や今までにない協働で産業を発展させ、

新たな社会モデルを形成していく。

その仲間を、いま、三陸地域は求めています。

三陸で働く、という選択肢があります。


というのが”Starting Over 三陸”の主旨で、

その募集企業の経営者インタビューに、

青木さんが登場。

それがまたじつに良く、

こんな男と知りあえてありがたいなと、しみじみ思う私なのである。

ぜひ、ご一読あれ。

 ↓↓

https://next.rikunabi.com/startingover/company/itv/itv1.html



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う


コメント
この記事をはてなブックマークに追加