答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

遊軍

2014年08月15日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

 

台風11号通過から6日も経っているのに、

きのうは奈半利町の用水路閉塞の現状確認のため、

山道をひたすら歩き、 

今日も今日とて新たな被害の確認と打ち合わせで北川村中部へ。

そのあとは馬路村を迂回して北川村北部にある当社現場行き。

途中、別の業者さんが受け持つ応急復旧現場で時間規制通行止めをくらい、

ひと息入れてブログ更新なのである。(← 今ココ)

こんなのを何ていうんだっけ?

と思い浮かべた言葉は「遊軍」。

イイのかこんな場合に使って?

ということで検索してみる。

 

「遊軍」-Weblio辞書より

 1.待機していて、時機を見計らって出動し、味方を助ける部隊。遊撃隊。
 2.特定の所属や任務がなく、忙しい仕事やむずかしい仕事を状況に応じてする者。 
 

う~ん、それほど格好の良いものでもないが、

ま、今の状態は当たらずといえども遠からずだろう。

それにしても。。。。。


あ、時間までにはチト早いが、

どうやら通してくれるようだ。

では、遊軍、リスタートします!

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加