答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

爪あと

2014年08月13日 | 北川村

 

一見すると、舗装がぐちゃぐちゃに壊れているという画像だが、

じつはこの道路、全体が5~6メートル下へ落ちて止まっている。

 

 

 

 

崩れ落ちて裸になった斜面は上部だけだが、

動いた土塊の量たるや、相当なものである。

そして、これで終息とはならないような気配もただよっている。

国道493号北川村小島。

中芸地区では、今回の台風11号が残したもっとも大きな爪あとである。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加