答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

キーワード

2014年08月01日 | ちょっと考えたこと

朝、自宅のPCをスイッチオンしてすることは、

まず社内SNSへアップされた現場報告のチェック。

(といっても現場の数が少ないこのごろは、すぐ終わる)

そしてそのあと、当ブログのアクセス解析を確認。

(頭と心の調子が良ければブログ更新)

きのう、「検索」から訪れてくれた人々のなかで、

もっとも多かったキーワードが

磯部組 高知

(ちなみに高知の礒部組のイソは磯ではなく礒ですネ、念のため)

これは珍しい。

じつに珍しいことである。

いつもなら、検索キーワードの上位には、


”wlan autoconfig”

”startup repair off line”

”airstation”

”reboot and select proper”

などの横文字や

「プログラムにコマンドを送信」


などの、いわゆる「PCのトラブル」ネタが並ぶのだが、

わずか一日のことにせよ、栄えある第一位が、

「磯部組 高知」

(ちなみに高知の礒部組のイソは磯ではなく礒ですネ、念のため)

とは、いったいこれはどういうことなんだろう。

ひょっとして、どこかで誰かがウチの会社のウワサ話を。。。。。。

と思い浮かべ、

なんだか鼻がムズムズしてくる私。


そのあと、Facebookをだらだらっと流して見ていると、

知り合いが7年間勤めていた会社を、昨日付けで辞めたという。

詳細はわからない。

が、理由がどうあれ、そのタイムラインに書かれてあるのは、「感謝」「精進」などのポジティブキーワードばかり。

となると、とりあえずは旅立ちを祝せねばなるまいと、ひとりで合点。

出発の詩を贈ることにした。


  この杯を受けてくれ

  どうぞなみなみ注がしておくれ

  花に嵐のたとえもあるぞ

  さよならだけが人生だ

    (『勧酒』干武陵、井伏鱒二訳)



 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限j会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加