答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

朋有り遠方より ~ モネの庭から(その207)

2014年06月28日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

 

 

 

朋有り遠方より来たる亦楽しからずや。

というほどには、F2Fのコミュニケーションはしてないのだが、

Mixiに始まり、TwitterからFacebookと、

ところを変えるたびに、右も左も分からない私の相手をしてくださった方が、

わざわざモネの庭へと来てくれる。

そりゃあ当然、何をさておいても、水先案内人を勤めるのは私、

私以外に誰あろう、てなもんである。

そして、

ふりそうでふらない、

また、

ふらなそうでふる、

という、微妙な按配だが、考えようによっては絶妙なロケーションのもと、

どうやらモネの庭を堪能していただけたようである。

おかげさんで次の機会があればきっと、

朋有り遠方より来たる亦楽しからずや、

てな気持ちで彼の人を迎えるのだろう。

きっと必ず、いやたぶん、そう思うのだ。



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします 

 

           

             有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

       

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う


コメント
この記事をはてなブックマークに追加