答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

今日もまた勇気凛々瑠璃の色

2014年06月12日 | オヤジのIT修業

 

いつもの散歩コースで見える景色が、やたらと清々しい朝。

出社してみると、とある方からの伝言、とBoss。

「Tさんが、いつも見てる人間もおる、まじめに更新せえ、はみから全然変わらんやないか、って言うちょってくれ、って言いよったぞ」

Tさんとは、かつて一方ならずお世話になった県職員のかた。

彼の人の名前が突然飛び出して来たところへ持ってきて、

『礒部組現場情報』を読んでくれているというその事実に驚くとともに、

「ありがたいなあ」と、内心感謝する私は、

と同時に、きのうの当ブログに綴ったおのれの言葉を思い出し、これまた内心、恥じ入るばかりなのであった。

 

だから「自ら進んで情報を発信する」という行為が大切なのだということの・・・・・・・


ざまあない。

言った尻から、とはこのことだ。

だが四の五の言い訳を並べてみたところで詮ないことである。

がんばらねばと思う。

今日もまた、勇気凛々瑠璃の色、なのである。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします 

 

           

             有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

       

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う

コメント
この記事をはてなブックマークに追加