答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

オーバーアチーブする人

2014年06月01日 | ちょっと考えたこと

最近とんとご無沙汰だったことに気づき、

久しぶりに内田樹の研究室をのぞいてみる。

いささか古い稿だが、『人々が「立ち去る」職場について』を読む。


人間には「好きにやっていいよ」と言われると「果てしなく手を抜く」アンダーアチーブタイプと、「やりたいことを寝食を忘れてやる」オーバーアチーブタイプに二分される。
このどちらかだけを作り出すということはできない。
そして、ブリリアントな成功を収めた組織というのは、例外なく「『好きにやっていいよ』と言われたので、つい寝食を忘れて働いてしまった人たち」のもたらした利益が、「手を抜いた」人たちのもたらした損失を超えた組織である。
「手を抜く人間」の摘発と処罰に熱中する組織はそれと同時にオーバーアチーブする人間を排除してしまう。


う~ん、これは耳が痛い。

まったく仰るとおりだ。

人間が働くことの基本はオーバーアチーブ。

意識するしないにかかわらず、このことを理解している人間と、そうでない人間では、相当な違いがある。

そして私は、もちろん前者といっしょに仕事をしたい。

であれば、小異を咎め立てして、オーバーアチーブする人間を排除することは、極力避けなければならない。

自戒を込め、あらためて、そう思う私なのである。


「オーバーアチーブ」についての内田さんの(=私は激しく同意する)見解

 

仕事というのは「額に汗して」するものであり、先般も申し上げたように本質的に「オーバーアチーブメント」なのである。
このことは繰り返し学生諸君にお伝えしなければならない。
賃金と労働が「均衡する」ということは原理的にありえない。
人間はつねに「賃金に対して過剰な労働」をする。
というよりむしろ「ほうっておくと賃金以上に働いてしまう傾向」というのが「人間性」を定義する条件の一つなのである。
動物の世界に「とりあえず必要」とされる以上の財貨やサービスの創出に「義務感」や「達成感」を感じる種は存在しない(たぶん)。
「糸の出がいいから」という理由で自分用以外の巣を張る蜘蛛や、「歯の切れがいい」からという理由で隣の一家のためにダムを作ってあげるビーバーを私たちは想像することができない。
そのような「過剰な労働」は動物の本能にはビルトインされていない。
人間は「とりあえず必要」である以上のものを作り出すことによって他の霊長類と分岐した。

(『内田樹の研究室』2005.5.19『資本主義の黄昏』より)


あ、これでは「オーバーアチーブ」の直接的な説明になっていないか。

が、とりあえずそういうことである。

興味のある人は、検索して調べてほしい。


 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします 

 

           

             有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

       

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う


コメント
この記事をはてなブックマークに追加