答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

『たかがプレゼン、されどプレゼン ~私たちの現場プレゼン変遷記』というプレゼンテーション

2014年05月17日 | オヤジのIT修業

 

先日、5月10日に岡山で披露したプレゼンテーションのスライドである。

 

 

練れてないのと時間が短かったのとで、消化不良気味で終わってしまったが、

このネタ、けっこうイケるのではないかと思う。

もっと練り上げて、ある程度まとまった時間があれば、

けっこうイケるのではないかと思うのだ。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

      

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加