答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

栃木遠征

2014年05月14日 | オヤジの「ゆる~いCIM」修業

 

若い衆3人とともに栃木県へ。

3Dモデリング(など)の勉強をしてきたのである。

会社のトップさんとは直接の面識はなく、

浅草の桃地さんを介してのつながり、

いわゆる薄くて広い紐帯(ウィークタイズ)である。

厚かましい依頼を快く引き受けてもらい、感謝このうえない。

いつもの私らしくはないが、具体的な内容は秘密だ。

ただ、少なくともこれだけは記しておこうと思う。

いやあ、世の中には凄い人がいるもんだわ。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

      

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う

コメント
この記事をはてなブックマークに追加