答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

春の心は

2014年03月31日 | ちょっと考えたこと

 

一昨日、歯の治療をしたあとすぐの宴会がたたったか、

歯は疼き目は眩み」する日曜日。

上天気の空を横目で見ながら、

家のなかでひたすらグダグダする日曜日。

一夜明け、西谷川畔を散歩すると、案の定、桜が散り始めていた。

土曜から日曜にかけての、大雨大風のせいである。

満開を迎えることがなかった桜を見上げながら、

ふと、去年もそうだったのではないかいなと、

自宅に戻りブログのバックナンバーを見てみると、

 

きのうの雨で、西谷川畔の桜が、もう散り始めてしまった

「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」とは、在原業平の作で、

桜が咲けば散るのが心配になってしまうので、世の中にまったく桜というものがなかったら、春をのどかな気持ちで過ごせるだろうに、

というような意味だという。

「もう少し散らずにいておくれ」と思う私はしかし、散り始めても、残念ではあるが、がっかりはしない。

散った花びらも(哀しくはあるが)「のどか」なものだ。

なんとなれば、これもまた桜なのだし、

オヤジともなれば、のどかに哀しいのもまた、趣きがあっていい。


と、3月28日の稿に記している。

今年の心持ちは去年と違い、がっかりだ。

せめて一度は、満開に咲き誇ってほしかった。

自然の理(ことわり)とはいえ、

まことに儚い。


やはり、

世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし(業平)

なのである。

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加