答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

経験と勘をロジックに換え、伝える

2014年03月03日 | CCPM

「汝、なにゆえCCPMを使おうとしたか」

とある先達から届いたヒヤリングという名の質問状である。

すぐさま思いつくままキーワードを列挙。

 人材育成

 情報共有

 技術の伝承

少し考えてから、

 PDCAサイクルを回すためのツールとして

と書き加えた。

いや、これは明らかに後付けである。

あの頃、CCPMとPDCAサイクルを結びつけるだけの知識も理解も、私にはなかった。

ということで、

「汝、(あのとき)なにゆえCCPMを導入し(ていったい何をし)ようとしたか」

今度は私が私自身にそう問いかけた。

 人材育成

 情報共有

 技術の伝承

これは間違いなくそうだったはずだが、あとの2つも突き詰めれば、真っ先に思い浮かんだ「人材育成」に収斂していくような気がする。

そうすると、(私の)CCPM導入の目的は「人材育成」ということになり、

「ではそのために何をしようとしたか」が、

「情報共有」であり「技術の伝承」だったのだということになる。

ここでいう「技術」とは段取り系の技術で、いわゆる暗黙知である。

伝えるすべを知らなかった私の、言い換えれば知っているつもりで伝えることができていなかった私(たち)の、「経験と勘」である。

暗黙知を形式知に。

これほど、言うは易く行うは難しことはない。

変換しようとする主体にそれ相応の能力と実力がなければでき得ない。生半なことではないのである。

それをCCPMを使った「脳みその中身の見える化」により伝えようとした。

つまり、経験と勘をロジックに変換し、伝えようとした。

そうすることにより人材育成につなげようとした。

それが私と私の環境におけるCCPM草創期だったはずである。

 

あれからほぼ丸7年。

転石苔むさず。

ライク・ア・ローリング・ストーン。

有為転変は世の習い。

目的も、思考も手段も方法も、一所にとどまるところなく変わっていくことに何ら不都合はない。

逆に、変わるまいと意固地になるほど阿呆らしい姿勢はないと、常々私は思っている。

だが、初志を忘れて変わりつづけるのは、単なる馬鹿である。

初心忘るべからず。


とかなんとか思いつつ、

「汝、なにゆえCCPMを使おうとしたか」

というラディカル(根源的)な問いを反芻してみる。

3月3日のひな祭り。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加