答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

春遠からじ

2014年02月19日 | 北川村

 

朝の散歩、といえば聞こえは良いが、

じつのところは、愛犬への義務として、イヤイヤながら続けている日課。

特に冬はそうだ。

喜び勇んで行ったはいいが、すぐ帰りたがる飼い主に抵抗し帰りたがらぬ犬を、無理矢理引っ張りつけ、時間を気にしてあたふたとそそくさと、帰る。

そんな毎日だから、周りの景色を見る余裕は(あまり)ない。

特に冬はそうだ。

これが春なら、ずい分と事情は違ってくるのだが、可笑しなものである。

そんないつもと変わらぬ今朝。

ふと河畔の桜を見上げ、何気なく目を凝らして見ると、

蕾である。

冬来たりなば春遠からじ。

少々フライング気味なれど、南国高知は北川村からの春のたより。

第一報なのである。



 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加