答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

北川とゆずとおフランス

2014年02月14日 | 北川村

 

 

「北川とゆずとおフランス」と題した「北川村観光びらき2014」。

いつもよりさらにグレードアップした内容で、3月2日に行われる。

我が北川村やまなみ太鼓は、例によってオープニングの景気づけなのだが、

リーフレットに書かれている「北川村やまなみ太鼓演舞」というのが気になる私。

「花と音楽とおいしい食べ物と。」という「音楽」のうちに太鼓を入れてくれないのは、

ちょっとばかり哀しいけれど、いつもどこでも同じこと。

だが、演奏ではなく「演舞」というのは。。。 (・_;)

 

演舞 : 舞を舞って公衆に見せること。また、舞を練習すること。

               (『デジタル大辞泉』より)

 

残念ながら、そんなレパートリーはないのである。

裸踊り、ぐらいで勘弁してもらえないだろうか、とも思うが、

如何せんトレーニング不足。

お客さまに見せるような筋肉ではない (^_^;)


いずれにせよ、北川村やまなみ太鼓2014年初叩きはモネの庭から。

乞うご期待、なのである。

 

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加