答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

『仕事と復興 ~自然災害から立ち上がるために、必要なことは何か~』

2014年02月07日 | ちょっと考えたこと

 

国際労働機関(ILO)によるシンポジウム&トークイベント

『仕事と復興 ~自然災害から立ち上がるために、必要なことは何か~』

日時:2014年2月18日(火)13:30~17:30

会場:国際連合大学 ウ・タント国際会議場

 

報告1 自然災害後の雇用と整形手段回復のための取り組み:東日本大震災からの教訓

 小山淑子(ILOアジア太平洋地域総局)

 エリック・デイビス(ILOアジア太平洋地域総局)


報告2 フィリピン国による災害復興についての報告

 ロサリンダ・バルドズ(フィリピン労働雇用大臣)

 ローレンス・ジェフ・ジョンソン(ILOマニラ事務所)


トークイベント

 被災地での仕事~復興を目指して~

  青木健一(株式会社青紀土木)

  君ヶ洞剛一(有限会社ヤマキイチ商店)

  田中羊子(日本労働者協同組合)

  引地恵(一般社団法人WATALIS)

 

昨夜、こんな催しに参加するのだというダイレクトメッセージが、届いた。

聴きたい。

猛烈に聴きたい。

だが行けない。

せめて、南国土佐の高知より、「がんばって」のエールを贈る (^^)v


お申し込みはこちら

↓↓

『仕事と復興 ~自然災害から立ち上がるために、必要なことは何か~』申込みフォーム

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加