答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

コメント

2014年02月01日 | オヤジのIT修業

当方、コメントがほとんどないブログである。

何故かはよくわからないし、取り立ててわかろうともしてないが、

かくいう生身の私自身が、気安く他人さまにコメントをもらえないような変わり者なのだから、仕方がない。推して知るべしである。

そんな私が他所さまへコメントする。

そういう場合、私は私で自身を戒めていることがある。

ブログの主に対しての意見は可である。

が、自分自身の主張をコメント欄で展開するのはNGなのだ。

ましてや罵詈雑言や誹謗中傷の類などはもっての外。たとえそれがそのブログの主さんに向けられたものではなくても、である。

そこで披瀝されている主義主張に触発されたとしても、ホントに言いたいことは、「ワシャこう思うもんね」と、自分の土俵で意思表明をする。

(自分印になる、と意外に書けないんですネ、これが ^^;)

土俵がなければ拵えればいいだけのこと。

「い~やそうじゃないだろ」という人は多いだろう。それはそれでけっこうなことである。

が、これが私の考えるWeb作法なのである。

こんなことを書いた日には、コメントがほとんどない当ブログにますますコメントは来なくなる、かもしれない。

が、私の作法はそうなのであり、私はそれが正しいと思っている。

発信は努めて明るくポジティブに。

その時々の私と私の環境がどうあれ、私の心中がどうあれ、ポジティブに。

であれば、それにそぐわぬコメントは、残念ながら削除させていただくしかないのである。


 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加