答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

123456

2014年01月24日 | オヤジのIT修業

 

不正侵入の脅威が増す世の中でも、インターネットサービスへのログインに分かりやすいパスワードを使おうとする傾向は中々なくならない。米国 SplashData がまとめた、2013年の最もありふれた「最悪」パスワードは「123456」。従来トップだった「password」を抜いて1位となった。

SplashData はパスワード管理アプリケーションの開発を手掛ける企業で、例年こうした調査を行って、上位25位までを発表している。ハッカーがネット上で公開した数百万の盗難パスワードに基づいている。

最悪パスワードランキングのトップは、調査が始まって以来長らく「password」だったが、初めて「123456」にその座をゆずった。 SplashData によると、今回の調査の対象には米国 Adobe Systems から流出した情報が含まれており、その影響も考えられる。

(インターネットコム2014年1月21日より)


いくらなんでも「123456」はないやろ。

と呆れるかたは沢山いると思う。

かくいう私も、この間まではそのうちの一人だったが、

先日、その現場を目撃してしまったのである。

 

「パスワード?123456でええよね?」

と私に問いかけたのか自問したのか、どっちにしても私の返答も待たずに、

「123456」と入力したある人を見て、

「ほんまにこんな人おるんや~」と、

少なからずショックを受けてしまったのである。

 

賢明なこのブログの読者さんにそんな人はまずおるまいとは思うが、

「123456」にしても「111111」にしても「誕生日」にしても、

いくらなんでもそれはチトまずい。

「123456789」にすればいいってもんでもない。

即刻変更すべし、なのである。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加