答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

平衡

2013年12月18日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

口に出したいことを我慢する。

手を差し伸べたいのを我慢する。

まこと上司とは我慢が肝要なりとは思えども、ついつい手が出る口が出る。

(あ、手は出しませんよ...今は ^^;)

と、そこをまた、ぐっと堪らえるハゲ頭。

親がなくても子は育つ、と言ってしまえば極論だが、

実際、ぐちゃぐちゃとやかく言わなくてもどうにかは、なる。

ところが、その「どうにか」の「どう」が「どうなのか」によって、結果は月とスッポン。

手遅れにはしたくないのである。

確かに手痛い経験からしか得られないものがあるし、失敗から学ぶものは大きい。

かくいう私も、そうやって仕事を覚えてきた。

が、するであろう失敗を、未来への糧ではないかと鷹揚に見過ごすことができるほど、

私(たち)がおかれている「今」は甘くない。

「三方良しの公共事業」という理念の旗振り役たる一方で、

組織の生き残りをかけるリアリストたる私がいるのである。

そのためには、工事評定点という現実的な成果と、地域に根ざす土木技術者としての成長という本質的な成果との落としどころを探りつつ、折り合いをつける。

あるいはその平衡を保っていくこと。

どちらかに振れすぎても良くはない(「私と私の環境」がですよ、あくまでも)。

大切なのはバランスのとれた思考や行動なのだと、自分で自分に言い聞かせ、

わかっちゃいるけど・・・・・とボウズ頭を掻く。

(ボリボリ) ^^;

 

 

果たして、「正しい上司と愚かな部下」という組み合わせはあるでしょうか?

「そりゃあるさ、大いにあるさ」と言いたい方はいくらでもいるでしょう。しかし、これは間違いです。どうしてかと言うと、部下を愚かなままにしておく上司は、「いい上司」でも「正しい上司」でも「賢く正しい上司」でもないからです。部下の愚かを野放しにしておくのは「愚かな上司」です。

(『上司は思いつきでものを言う』橋本治、集英社、P.156より)

 

上司は思いつきでものを言う (集英社新書)
橋下治
集英社

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加