答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

2013年12月17日 | 食う(もしくは)呑む

本日、とある物件の落札候補者に決定。

積算担当の私としては、もちろん祝杯である。

嬉しいからといっては呑み、悔しいからといっては呑み。

はたまた、語り合いになくてはならぬといって呑み、沈思黙考の相手になれといって呑み。

「結局呑みたいだけやろ」との声が聴こえてきそうであるが、

たぶん(いやきっと)そうなんだろう。

だが、酒なくて何の己が桜かな。

とりあえず、なくてはならぬやつなのである(今のところ)。

そんな私が「なんだかなあ」と思いつつ読んだ、今朝のニュース。

 

兵庫県議会の桐月一邦(きりつき・いっぽう)県議(37)=神戸市垂水区選挙区、当選1回=が、所属する自民党議員団の宴会で「女性は金で買うもの」と発言し、同席した女性県議に抱きついていたことが16日、関係者への取材で明らかになった。桐月氏は同議員団に退団届を提出したが、議員団は「(本人の反省などの)経過をみたい」として受理せず、口頭注意にとどめた。

  関係者によると、10月上旬ごろ、同議員団所属の当選1~3回県議と役員を交え、酒食を伴う懇談会が神戸市内で開かれた。桐月氏は席上、他の県議との会話で「女性は金で買うもの」などと発言。周囲の県議らがたしなめたが、桐月氏はさらに女性県議の隣に座り、「1万円でどうや」と言いながら抱きついたという。

 女性県議は数日後、同議員団の石川憲幸幹事長に処分などの対応を求めた。桐月氏は「不快な思いをさせた」として退団届を提出。しかし、石川幹事長は「酒の席のことでもあり、本人も反省している。しばらく様子をみたい」と受理を見送り、桐月氏に「悪ふざけはいかん」と口頭注意した。公表はしていない。

 桐月氏は謝罪の意向を示しているが、女性県議は「顔を合わせたくない」と拒否している。

 桐月氏は産経新聞の取材に「紹興酒などを飲み過ぎて酔っていたので覚えていないが、もし事実なら、ただもう反省しかない。今後は飲み過ぎないようにしたい」と話している。

 桐月氏は7月に行われた県議補欠選挙で初当選した。

   (産経ニュース 2013.12.17 07:00より)

 

新聞やTVなどの大メディアで断片的に報道される「言葉」をもって、他人さまを非難することは、

今の世の中少々危なっかしいことであり、

軽率にするもんではないという認識が(最近の)私にはある。

気がつけば、フレームアップの片棒をかつがされていた、なんて笑えない話しにもなりかねない。

それがお茶飲み話なら何の問題もないが、吹けば飛ぶよなブログの主でも、不特定多数に発信するもの、それぐらいの戒めは持っておくべきだろう。

であるから、まったくトホホな当事者さんたちの「言葉」にツッコミたいのはやまやまなれど、

ひとまずここは自重しておくことにして、それでも黙っておれない私はこう独りごちる。

 

「オレなら酒に、申しわけないと言って詫びるな(たぶん)」

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加